ハートは、このゲームの強敵らしい

エリア5のステージ4-20まで進めよう
戦闘力は、600以上は必要
ニトロの使用が前提

 

ハートと聞くと、心を思い出しますが、このゲームでは敵の名前です。
結構強いボスですので、相当なチューンナップが必要になるでしょう。

戦闘力600以下の方は、かなり苦戦する可能性がありますので、ご注意下さい。

 

ハート様

北斗の拳じゃありません。
「ひでぶ」とか言いません。

 

このゲームは、車のメンテナンスにおいて、とても自由度が高いです。
普段は整備士に任せる箇所を、自分で指定してチューンナップできるのですから、
相当人気が高いアプリだと思います。

ただし、チューンナップに失敗すると、とてもみっともない車になります。
くれぐれも、コストに見合った改造をして下さい。オーバーコストは厳禁です。

 

私なら、このゲームをそこまでやりこむことは出来ないかもしれません。
1ステージのクリアに2時間くらいかかりますので、毎日少しずつ遊ばないと、
ハート戦には進めないでしょう。

 

ドリフトのテクニックは、「運と感」です。
それ以外に、目視もありますが、大抵外れます。

車のスピードは、時速300kmになる事もあります。
通常の運転速度を意識せず、「ゲーム内の常識」を意識しましょう。

慣れると、ほぼジャストタイミングでドリフトが出来ます。

不正行為は、サポートの対象外になるので注意

不正行為を行うのは厳禁
何が正しくて、何が間違っているのかを考えよう
ルールを守って、楽しく遊ぼう

 

不正行為とは、要するに禁止されている行為のことです。
あなたが不正行為を行えば、それはアカウント凍結の理由となるでしょう。

ちなみに、アカウントが削除されてしまった場合、二度と
元には戻りませんので、十分ご注意下さい。

 

垢BAN?

不正行為は、当然アカウント削除の対象になります。
くれぐれも、お気をつけ下さい。

 

公道でドリフトができたら楽しそうです。

ただ、実際には、非常に危険な運転です。
私道でない限り、ゲームの行為は真似してはいけません。
私道であっても、常識に則ってレースをしましょう。

 

私なら、車に乗っても、多分レースはしないでしょう。
運転免許を持っていませんし、自分の走りに全く自信が持てないからです。

このゲームでは、ドリフトの速さを競いますが、実際のところ、0コンマ何秒かの世界です。
それくらいシビアでハードですので、くれぐれも、真似はしないほうがいいでしょう。

 

もっとも、不正行為自体が咎められているわけではありませんし、
脱獄した端末でも課金は出来ます。

ただし、故障のリスクが圧倒的に高まる上に、アップデートが不可となる
可能性がありますので、ご注意下さい。

不正行為をすると、エラーになるかも

不正行為は、絶対にダメ
サポートの対象外になる
くれぐれも、アプリは丁寧に扱おう

 

あなたが行う行為は、全て記録されています。
アカウント名とアクションが特定されていますので、
絶対に不正行為はやめましょう。

何かあったとき、不利益をこうむるのは、あなたの方です。
くれぐれも、ご注意下さい。

 

チートとか出来ないの?

チート行為や不正な改造など、規約に定められている行為に
反する行為を行えば、当然処罰の対象になります。

 

お金があっても、車のチューニングはできません。

車のチューニングは、自動車整備士が行うものです。
素人が整備の真似をすると、金具の間に指を挟んだり、
感電する恐れがありますので、ご注意下さい。

 

一昔前なら、コンピューターのROMをハッキングして、
「のべつまくなし」にチートコードを使ってゲームをクリアする
荒技がブームでした。

しかし、現在のアプリは、みな「運営」がいます。
彼らに不正行為を発見されてしまえば、絶対に言い逃れは出来ません。

 

個人的にはチートは賛成です。ただし、このアプリにおいては、
チートコマンドがあっても、すぐに修正されてしまいますし、
当該者のIDは削除されます。

絶対に、チートを試すことはおやめ下さい。結構危険です。

お勧めの車種は人によって違うらしい

お勧めの車種は、人によってさまざま
異例と言える考え方も、ある意味平等
自分が好きな車をチューンナップしよう

 

お勧めの車種を探すなら、攻略wikiが良いでしょう。
メーカーによって、微妙に特徴が異なりますので、ご注意下さい。

なお、車種によっては、あまり使い勝手が良くないものもあります
その分加速性能が高いので、安心してください。

 

短所が多くて、選べない

短所は、たいていの場合「グリップの効き」に
集約されます。

この短所を克服するためには、ハンドリングを
アップグレードする必要があります。

 

高級車って、一体どうやって輸入しているんでしょうか。

高級車の輸入は、とても面倒な手続きが必要です。
素人が簡単に輸入できるわけではありませんので、ご注意下さい。
アメリカに行けば、アメリカ車が乗り放題ですよ。

 

私なら、ベンツに乗って、ラスベガスの街を見学したいです。
カジノを体験して、ちょっとしたスリルを体験できたらいいです。

 

コンビニにスポーツカーで乗りつけると、大抵嫌がらせを受けそうです。
小学生の男子が、マフラーの中に石を入れたり、車体に傷をつけたりと、
やりたい放題かもしれません。

ちなみに、修理費がめちゃんこ高いのが外車の特徴ですので、
乗られる際には、十分お気をつけ下さい。