現実に登場する車がメインのゲーム

ヨーロッパやアメリカ、日本の有名車が登場
プレーヤーランクを上げないと、一流車には乗れない
超一流ドライバーを目指そう

 

このゲームでは、実際の車に乗り込んで、ライバルと競争をします。
非常にシンプルなゲーム性に、多くのカーマニアが共感を覚えています。

短い時間で勝負が決まりますので、ドライビングテクニックが無い方や、
どうも最近ストレスがたまっているなーとお思いの方にオススメです。

 

車なんて、乗ったこと無いよ

車に乗ること自体は、運転免許があれば問題ありません。
車に乗る感覚を掴みたいなら、ゲーセンに行けば100円か200円で体験できます。
とても爽快感がありますので、ぜひお試し下さい。

 

子供向けのカーレースゲームでは、現実には無い
仮想の車でレースをします。

でも、このゲームでは仮想の車ではなく、実際の車で
レースをしますので、大人から子供まで楽しめるでしょう。

 

遊園地のゴーカートで遊んだことを思い出します。
自転車で運動したり、毎日外で走り回ったりと、やることなす事が
全て楽しみでした。

 

このゲームは、あなたの若い頃や童心を思い出させてくれるゲームです。
もちろん、このゲームはドリフトを楽しむゲームです。

でも、それ以上に、昔乗った車の思い出が呼び起こされるなどの
メリットがありますので、遊んでみて損は無いでしょう。

 

いい車は、ストーリーを進めると手に入る

ストーリーを進めよう
バトル勝利の報酬も豪華になる
くじけずに、頑張ろう

 

いい車とは、「レア度が高い車」だったり、「品質の良いパーツ」だったりします。
車のゲームですので、あなた自身のテクニックも要求されます。

ただし、ドリフトだけするゲームなので、他のテクニックは要求されません。

 

テクニックが身に付かない

テクニックは、身につけるものではありません。
目で見て、慣れるものです。

 

誰もが憧れる峠のレーサーですが、実際は結構命知らずが多いそうです。
命知らずと言っても、命が惜しいときはあります。
ただし、命の危険を知らずにドライバーになる方もいますので、ご注意下さい。

 

私は、峠は危ないので行きません。

首都高でレースをするゲームもありますが、
一般の自動車はとてもじゃないですが参加できないでしょう。

 

最近の車には、安全装置が付いているそうです。
ただし、エアーバッグじゃなくて、「急ブレーキ時の衝撃を和らげる装置」です。

この装置のおかげで、追突事故が減ったり、けが人が少なくなっているそうです。
もっとも、事故は起こさないのが一番ですし、事故の無い車社会が理想です。

 

いい車に乗る事も大事ですが、その車の製造された背景を勉強する事も、
とても大事だと思います。